カテゴリー:
アニメ
タグ:
 青春 ロック

  • 41rre9q63dl.jpg_sx200
青春度
★★★★★
このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2012年12月10日(月)
作成日時:
2010年09月17日(金)

前の記事 / 次の記事

じゅぶー、ないるー。

ジュブナイルものに飢えている時はかなりいいんじゃないでしょうか。
青春直球ど真ん中みたいな、話。

やっぱ少年少女が頑張ってどーんってなる話は夢があっていいよ。

なんかこう、見た時は十代の頃の根拠の無い全能感が蘇って来た。

主題歌の歌詞に「夢は遠くまではっきりと見えていたのに、大切なものを見失った」
ってあるんだけど、

その歌詞の通り、ストーリー中、既に持っているはずのものを何度も何度も見失っては、
それでも頑張って手に入れようとするっていう展開が続くんだけど、
そんな展開がまさに青春っていうか、ロックというか、いいなーと。

最近何でもすぐロックとか言ってしまうので何がロックなのか怪しいけど。

ストーリーの大筋とはあんまり関係ないけど、
ふとした時に登場人物たちが楽しそうに遊んでる描写っていうのが結構あって、
それもまたいいなと、環境映像というか、見てるだけで楽しくなる映像。

社会人になると日常的に遊ぶことをする機会ってだいぶ減ると思うんだけど、
エウレカセブンを見てると日常を退屈にしてるのは単純に日常的に遊ぶということを
あまりしなくなったからなんじゃないかとも思えて来たり。

ゲームをするとか、そういう明確な遊びじゃなくて、
なんていうか小学生の頃の何をしても基本遊んでいたみたいなそういう何か。

子どもの頃山に行って変な形の木を見つけてうわーなにこれって思って無闇に楽しかったみたいな。

最初にエウレカセブンを見たのが2年前でほとんどアニメとか見てなかったから
大量に詰め込まれているという色んなオマージュにはあんまり気付かなかったけど、
今もう一度見たら、結構分かったりするのかな。

エウレカセブンAOは結構分かったんだよね。

最終回まで見て消化不良だと思ったらたぶんエウレカセブンAOを見れば解決します。


5130sdvzedl.jpg_sy150 51%2bsuhqoq%2bl.jpg_sy150 51uqkhtvlhl.jpg_sy150 41elcnvjogl.jpg_sy150 51rixgsbbpl.jpg_sy150 51zexryxgcl.jpg_sy150