カテゴリー:
タグ:
 プログラミング html css

  • 51zk7kfx28l.jpg_sx200
分かりやすい度
★★★★
このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2012年11月16日(金)
作成日時:
2010年08月26日(木)

前の記事 / 次の記事

CSSについて知りたいことと、
知っているべきことはこれ一冊あればまず分かる気がする。

XMTMLとCSSの仕様についてきちんと説明してある本。

このXHTMLの要素はブロックなのかインラインなのかとか、
この要素の中にこの要素があっていいのかとか、

実際知らなくても適当に書けばなんとか動いちゃうものだけど、
その辺実際どうなってんだよ!なんか気持ち悪いから正確に教えろよ!!

っていうのを分かりやすく教えてくれる本。

だから、このレイアウトを実現するにはこのCSSを書けばいい!
っていう即効テクニック的な本ではない。

即効テクニック的な本って凄い沢山あるけど
CSSの仕様について分かりやすく解説してる本ってあんまりないんだよね。

故にこの本は貴重だと思う。

かれこれ2年以上使ってるけどやっぱりこの本が一番いい。

とは言えテクニック的なことは書かれていないのかというと、
テクニックに関しても基本的なところはしっかり書かれている。
(2段、3段組のレイアウトを実現する方法とか。)

また、既存のHTMLだけでレイアウトしていたページを
CSSでのレイアウトに置き換えるにはどうしたらいいか?
という事例が多く掲載されていて、これが凄く役に立った。

読者のターゲットとしては、なんとなくHTML(XHTML)もCSSも書けるけど、
その仕様が実際どうなっているのかはよく分かっていない、から知りたい、
っていう人が一番のターゲットなのかなと。

次いでHTML(XHTML)は分かるけどCSSはちょっと、っていう人も買って損はないと思う。

HTML(XHTML)からしてちょっと、っていう人はたぶんHTML(XHTML)の入門書を買った方がいい。