カテゴリー:
Rails
タグ:
 Rails truncate

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2013年02月19日(火)
作成日時:
2013年02月19日(火)

前の記事 / 次の記事

今まで文字列を切り出す時に、

string.split(//)[0, 32].join

とかしてたんだけど、RailsによるWebアプリケーション開発を眺めてたら、
凄い最初の方に truncate ヘルパーとか書いてあるじゃん。

truncate string, :length => 32

で終了・・。

しかも truncate ヘルパーを使った場合は、最後に"..."が付与されるから省略されてる感が出てより良い。

ヘルパーメソッドは一度読み返した方がいいのかも知れない。と思った。