カテゴリー:
JavaScript
タグ:
 JavaScript setInterval

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2013年01月30日(水)
作成日時:
2013年01月30日(水)

前の記事 / 次の記事

JavaScriptで定期処理を実行する。

結論: setInterval()を使う

1秒おきに"hello"と言わせる。

# CoffeeScript
setInterval (()-> alert "hello"), 1000

止める時は取得したIDに対してclearInterval()

# CoffeeScript
# 動かす
timerId = setInterval (()-> alert "hello"), 1000
# 止める
clearInterval(timerId)

複数のsetInterval()を制御するには配列を使うといいのかしら?

# CoffeeScript
timerIds = []
# 動かす
timerIds.push setInterval (()-> alert "hello"), 1000
# 全て止める
timerIds.forEach (timerId, index) -> clearInterval(timerId)