カテゴリー:
Rails
タグ:
 Rails 画像

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2013年01月07日(月)
作成日時:
2013年01月07日(月)

前の記事 / 次の記事

Rails上で画像ファイルを扱う場合、Rails2時代と混ざって意味不明になりがちなのでメモ。

・プリコンパイルの対象である画像: assets/images 配下に配置しているはず。

# / から始まらない画像ファイルのパスは apps/assets/images 以下を見に行く。
"background.jpg"      -> apps/assets/images/background.jpg       
"persons/picture.jpg" -> apps/assets/images/persons/picture.jpg

・プリコンパイルの対象ではない画像: public/images/ 配下に配置しているはず。

# / から始まる画像ファイルのパスは public/ 以下を見に行く。
"/images/background.jpg"      -> public/images/background.jpg
"/images/persons/picture.jpg" -> public/images/persons/picture.jpg

【参考】
[rails]画像の置き場所によるパスの指定方法の違い