カテゴリー:
環境構築
タグ:
 CentOS DIR_COLORS

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2012年10月29日(月)
作成日時:
2012年10月29日(月)

前の記事 / 次の記事

CentOSのデフォルトのディレクトリ色が
見にく過ぎてどうにかなってしまいそうなのでメモ。

【参考サイト】
・lsコマンドで表示されるファイルの色を変更するには
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/358dircolors.html

$ cp /etc/DIR_COLORS ~/.dir_colors

してそっちをいじれって書いてあるけど
どんなユーザーでログインしても常に変わって欲しいので直接いじる。

$ /etc/DIR_COLORS      # 端末が256色に対応していない場合
$ /etc/DIR_COLORS.256  # 端末が256色に対応している場合

というファイルがあるのでエディタで開いて

DIR 01;34

とかなっているところを好きな値に変える。
値の指定方法は、

属性;色

属性と属性コード、色と色コードの対応は
DIR_COLORSの中にコメントで書いてあったのでそれを見る。

書き換えたら反映。

$ eval `dircolors /etc/DIR_COLORS -b`

ユーザーごとに個別に配色を設定したい場合は、対象のユーザーに su した後で、

$ cp /etc/DIR_COLORS ~/.dir_colors

して '~/.dir_colors' の方を編集する。