カテゴリー:
環境構築
タグ:
 Ruby CentOS

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2012年10月28日(日)
作成日時:
2012年10月28日(日)

前の記事 / 次の記事

Rubyのソースからのインストールは何度かしてるんだけど、
毎回微妙に忘れてて一発で入った事が皆無なのでメモ。

前提. インストール済みのCentOS6.3は最小インストールした状態のもの

1st. Rubyのインストールに必要なものを入れる。

yumで入るもの

$ yum install wget
$ yum install gcc
$ yum install make
$ yum install patch
$ yum install ncurses-devel
$ yum install readline-devel
$ yum install openssl-devel
$ yum install zlib-devel
$ yum install libffi-devel

yumで入らないもの: yamlをソースから入れる

$ wget http://pyyaml.org/download/libyaml/yaml-0.1.4.tar.gz
$ tar zxvf yaml-0.1.4.tar.gz
$ cd yaml-0.1.4
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make
$ make install

2nd. Ruby1.9.3p286のインストール

$ wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p286.tar.gz
$ tar xzvf ruby-1.9.3-p286.tar.gz
$ cd ruby-1.9.3-p286
$ ./configure --prefix=/usr/local --enable-shared --with-opt-dir=/usr/local/lib
$ make
$ make install

3rd. 確認

$ ruby -v
ruby 1.9.3p286 (2012-10-12) [x86_64-linux]

Option. Passengerを使う場合はzlibサポートモジュールのコンパイル&インストール

$ cd ruby-1.9.3-p286
$ cd ext/zlib
$ ruby extconf.rb --with-zlib-include=/usr/include --with-zlib-lib=/usr/lib
$ make
$ make install

【参考ページ】