カテゴリー:
環境構築
タグ:
 nginx seo

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2017年11月02日(木)
作成日時:
2017年11月02日(木)

前の記事 / 次の記事

URIというのは唯一絶対であるべき!

という思想信条に基づいてwww有りでアクセスされてもwww無しでアクセスされても同一のページを表示できるようにしたい。

wwwというサブドメインを付けるのはもはや意味が無いと思っているので、
wwwはそもそも用意しない、アクセスしようとしてもそんなサーバーねーよって
言われて終了で良いと思ってるのだけど、

世の中にはご丁寧に、
www無しでアクセスしようとするとわざわざwwwを付けてアクセスを試みるという
アプリケーションやシステムが一部に存在することを知ってしまったので、
www有りと無し、両方用意して統一することを試みます。

まあリダイレクトするだけなんだけど。
nginxでのやり方分からなかったので調べた。

参考:Nginxで「www」有り、無しのURLを統一する方法

www.inchiki.jpにアクセスされたらinchiki.jpにリダイレクトする設定。

$request_uriを付けているヶ所は、
例えばwww.inchiki.jp/1とかwww.inchiki.jp?page=2とかにアクセスがあった場合に、
それぞれinchiki.jp/1とかinchiki.jp?page=2とかにリダイレクトできるようにする記述。

server {
  listen 80;
  server_name inchiki.jp;
  # 以下なんか固有の設定
}
server {
  listen 80;
  server_name www.inchiki.jp
  return 301 http://inchiki.jp$request_uri;
}

inchiki.jpをwww.inchiki.jpにリダイレクトする場合はこの逆で。

と例に出しておきながらこのドメインは現状wwwでアクセスしても
そんなサーバーねーよって言われるだけなんですけどね・・・。

その内設定が行われるはず。