カテゴリー:
使い方
タグ:
 ssh scp

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2017年10月27日(金)
作成日時:
2017年10月27日(金)

前の記事 / 次の記事

どうせ忘れるので先手を打ってメモ。

sshで接続できることが前提。

scp -P 22 src ore@192.168.1.1:/home/ore/dest

みたいな感じで転送できる。

-P はポート番号。
ore@ はユーザー名を指定。

ポート番号が22番の時は省略可能。
ローカルホストとリモートホストのユーザー名が同じ場合は省略可能。

-r を付けるとディレクトリを再帰的に転送してくれる。便利。

転送先の名前重複してると問答無用で上書きされるから死ぬ。

以上。