カテゴリー:
環境構築
タグ:
 CentOS ImageMagick

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2017年10月17日(火)
作成日時:
2017年10月17日(火)

前の記事 / 次の記事

何年経ってもyumで最新版が入るようにはならないのでこれからもきっとならないのでしょう・・・。

古いバージョンでも問題なければ(確か問題あったはず)

$ yum install ImageMagick

最新版を入れるには公式サイトから持ってくる。

公式:Convert, Edit, Or Compose Bitmap Images @ ImageMagick
ダウンロードページ:Download @ ImageMagic

基本的には公式サイトに書いてある通りにやれば良いのだが・・・。
(バージョンは日々変化していくのでダウンロードする時は次のwgetをコピペじゃなくて公式を当たるのが良いと思われます。)

$ wget https://www.imagemagick.org/download/linux/CentOS/x86_64/ImageMagick-libs-7.0.7-8.x86_64.rpm
$ rpm -Uvh ImageMagick-libs-7.0.7-8.x86_64.rpm
$ wget https://www.imagemagick.org/download/linux/CentOS/x86_64/ImageMagick-7.0.7-8.x86_64.rpm
$ rpm -Uvh ImageMagick-7.0.7-8.x86_64.rpm

元々ImageMagickを動かすのに必要なライブラリが完備されている環境以外では、
インストールに必要なライブラリがないからインストールできないと言われると思うので、
必要なライブラリを入れる。

参考:(RPM依存ライブラリ不足の問題はYUMに聞こう!

ライブラリをインストールできるパッケージをyumに聞いてインストール。
インストールしたばかりのCentOS7.4にImageMagick7.0をインストールしようとしたところ、
結果として次のパッケージをインストールすることでImageMagickをインストールできた。

libICE
libSM
libXex
libXt
cairo
fftw-libs-double
ghostscript
libtool-ltdl
pango
libwmf-lite