カテゴリー:
Rails
タグ:
 Rails locale i18n

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2013年12月22日(日)
作成日時:
2013年12月22日(日)

前の記事 / 次の記事

なんかロケールで非推奨が出るようになったのでメモ。

I18n.enforce_available_locales will default to true in the future. 
If you really want to skip validation of your locale 
you can set I18n.enforce_available_locales = false to avoid this message.

参考

今までは存在しないロケールを書いても、
存在してなければロケールの文字列がそのまま表示されるだけだったけど、
これからのデフォルトでは存在してないとエラーになると。

で、今まではその設定のための値が存在してないから(nil)設定せよと。
なので"config/application.rb"あたりに、設定を書く。

これからのデフォルトに合わせるなら。

# 存在しないロケールを書いたらエラー発生
I18n.enforce_available_locales = true

今までのデフォルトに合わせるなら

# 存在しないロケールを書いてもエラーにはならない
I18n.enforce_available_locales = false