« 最低限のVim環境を構築する:4 / 4)

カテゴリー:
Vim
タグ:
 vim vimshell vimproc

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2012年11月15日(木)
作成日時:
2012年11月15日(木)

前の記事 / 次の記事

Vimを使ってるとVimのコマンド入力するところにシェルコマンド入力して
「ちげー!!」って思うのでVimShellを導入して違わなくする。

導入時の環境: CentOS6.3

1st. VimShellとVimProcのインストール

VimShellを使うにはVimProcが必要なので一緒にインストールする。

$ ~/.vimrc

Bundle 'https://github.com/Shougo/vimshell.git'
Bundle 'https://github.com/Shougo/vimproc'

:BundleInstall

※ VundleについてはVimのプラグインをVundleで管理するを参照

2nd VimProcのコンパイル

VimProcは環境に応じたコンパイルが必要なのでVimpProcを利用する環境でコンパイルする。
詳細はVimShellのページを参照。

インストールされたvimprocの中を覗くと

$ cd .vim/bundle/vimproc/
$ ls

それっぽいファイルが沢山あるのでその中から環境に応じてそれっぽいファイルをコンパイルする。
CentOSの場合は make_unix.mak をコンパイルする。

$ make -f make_unix.mak

VimShellのページには、コンパイルしたファイルをVimShellのディレクトリーにコピーすべしって書いてあるけど、
Vundleで入れた場合は自動的にいい感じの配置になるので特に何もしなくていい。

3rd. 確認

$ vim
:VimShell
vimshell% ls