カテゴリー:
JavaScript
タグ:
 jQuery ajax

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新日時:
2013年12月18日(水)
作成日時:
2013年06月09日(日)

前の記事 / 次の記事

参考ページ

jQuery.ajax()のまとめ
$.ajax中のcontextオプション

$.ajax

を使う。

# CoffeeScript
$.ajax
  async:     true
  type:      "GET"
  url:       "http://inchiki.jp"
  dataType:  "text"
  context:    this
  success:   (data, status, xhr)   -> alert status
  error:     (xhr,  status, error) -> alert status
  complete:  (xhr, status)         -> alert status

async

true
  => 非同期処理する
false
  => 同期処理する

type

httpの動詞を指定する
  => GET, POST
  # PUT, DELETE も使える??

url

httpリクエストを送るURL

dataType

戻って来るデータのタイプを指定する
  => text, html, xml, script, json, jsonp

ノーマルなjavascriptの場合は script を指定

context

コールバックの中で this と書いた時にそれが何なのかを明示する。
context に何も書かないでコールバック中で this を使っても空振りする。

リクエスト後の処理について

success
  => 成功時
error
  => 失敗時
complete
  => 処理完了時(成功か失敗かは問わない)